連結会計処理に向いているソフト

PCを操作する人

なぜシステムが必要なのか

凍結決算書の場合、親会社が子会社の決算書を集め、合算をしていきます。必要であれば、内部取引内容の消去を行なうこともあります。作業も一見簡単そうに見えますが、情報の消去を行なう際の数々の調整をしなければならず面倒ですし、個人にまかせっきりではいざという時他の人が対応できなくなります。そうなる前に会計ソフトを導入し、その都度正しく迅速に処理していける環境作りが必要です。

使う側へのメリット

凍結会計は、赤字になった分を子会社に押し付け株主に「黒字だから安心して投資をしてほしい」と健全性を訴えます。透明性を出すにも連結会計ソフトが必要なので企業に欠かせません。近年は日本の子会社が海外に進出することが多くなり、全体の営業状況を知る術が必要です。この場合も連結会計ソフトが必ず力になってくれます。

処理ができる会社

凍結会計ソフトは、国内で着実に導入がされている新しい会計ソフトです。国際会計基準に対応する会計ソフトを導入することでグローバルな会社でも凍結予算書の作成を気軽に行なうことができます。

必要な機能とは

連結財務諸表の作成

会計基準に基づき、連結したものを参考にデータ化していきます。この機能がある事で負担が軽くなり、業務の活性化が期待できます。

凍結予算の作成

予算作成は、単体で行なう必要があるので前年の実績からさかのぼり、情報収集を行なわなければなりません。それができる会計ソフトだと手間をかけずに書類作成ができます。

範囲凍結の機能

凍結といっても、複数のグループが存在するので別々で連結する必要があるので連結会計ソフトを選ぶ時、グループ別に財務諸表の作成ができるものを選定しましょう。

様々な言葉に対応する

日本語だけではなく、様々な国の言葉が収録されている会計ソフトだと海外に拠点を置くグループ企業にも対応することができます。グローバル企業には欠かせない機能でしょう。

サブの連結機能

親会社、子会社、孫会社がある場合サブ連結機能があると面倒がありません。この場合、一つにまとめて書類作成ができるので数多くの子会社がある大企業に欠かせない機能です。

広告募集中