導入の流れ

パソコンを操作する人

ヒアリングをする

会計ソフトの導入目的はそれぞれですが、実際にコンサルタントが出向き会社の状況と会計ソフトのヒアリングを行っていきます。この時にクラウド会計ソフトの導入をするかしないかを判断する場合もあります。

情報に基づいて提案

今の状況に合った会計ソフトを導入していただくために、様々な機能を持ちより提案をしていきます。この中で疑問に思ったことや追加したい機能があれば申し付けましょう。

必要な書類を準備する

会計ソフトの導入が決まったら指定された書類を準備します。これは初期設定をする場合に必要な書類なので漏れがないようメモをしておきましょう。初期設定の段階でもほとんどの会社が要望や質問等を受け付けています。

操作の説明をする

現場でもスムーズに操作ができるように、会計ソフトを扱う会社がインストラクターを派遣することもあります。非常に丁寧に説明してくれるので、初めてでも理解しやすいです。

マニュアルの作成も行なう

会計ソフトによって使い方が全く違うので、提供した会社側がお客さんに合わせて会計ソフトに関するマニュアルを作成するケースもあります。使用中に困ったことが合った時の解決法もこのマニュアルでわかるでしょう。

広告募集中