会計ソフトの上手な選び方

男女

目的を明確にする

確定申告のためなのか?それとも決算を処理する時に使うのか?これらの理由によって選ぶ会計ソフトのタイプが異なります。個人事業主が導入する場合大体が「確定申告をする」ためですが、法人だと「決算報告書の作成をする」ために導入します。この辺が明確になると使いやすい会計ソフトを見つけることができます。

使い勝手の良い製品

近年の会計ソフトは、数字や情報の仕分け自動的に行なうものが増えています。手動で行なう必要もなく、作成中のミスも自動振り分けにより各段に減らせるでしょう。ただ簿記の知識があれば、データ入力がしやすくなるので、システムを扱う人物がどの程度知識を蓄えているかが基準になります。

コストを考えよう

会計ソフトにかかる導入費用はピンキリで、機能性が豊かなものは数万円します。なるべくコストをかけたくないという人は無料の会計ソフトを選ぶ傾向にあるでしょう。いずれにしても導入する前にコストパフォーマンスの確認はしっかり行なうべきです。

導入して変わったこと

人件費が浮く

会計ソフトに仕訳の入力をすることで、総勘定元帳や試算表、損益計算書の作成を自動で行ってくれるので少ない人員で事務処理を行なうことができます。またソフトを導入したことで大幅な人件費カットができ経営が安定してきたという事例もいくつかあります。

計算ミスが格段に減る

「何度計算しても合わない」このような経験をした事務員も多いでしょう。会計ソフトの場合仕訳数字に矛盾が生じた時にメッセージで伝えてくれるのでミスが格段に減りますし、時間を無駄にすることもありません。

経営が改善する

請求書や領収書の作成に時間がかかると取引が完了するまで期間が長引きます。経営状況もタイムリーに把握できないでしょう。会計ソフトの導入で「自計化」が可能になり、経営診断も適度に行なえるようになります。

様々な改正に対応できる

決算書だけではなく、税務申告書も会計ソフトを使って作成できます。この場合、毎年変わる税金のことや申告書の変更への対応が必要でしょう。会計ソフトの多くは、税改正に合わせてシステムのアップデートができるので状況に合った処理ができます。

誰でも扱える

割高の会計ソフトの場合、業務に使える機能が沢山あるので使いづらそうという印象がありますが、実際に導入している企業のほとんどが入力のしやすさと扱いやすさを実感しています。

広告募集中