多くの企業に使われる理由

紳士

どこでも使える

従来の会計ソフトと違い、クラウド型はインストールが不要でネットが繋がる場所ならどこからでもアクセスできます。出張先はもちろん、出先でパッと立ち上げられるので大変役立つと高く評価されています。

機能が盛りだくさん

クラウド型の会計ソフトには、実に様々なサービスがあります。その中から自由に選択し、連携させることができます。従来の会計ソフトにはない、便利な特徴だといえるでしょう。

取引の時にも役立つ

銀行やクレジットカードでのお金の貸し借りも、クラウド型の会計ソフトで項目別に振り分けることができます。近年の会計ソフトはこれらの作業を自動で行ってくれるソフトとなっています。企業がグングン成長すること間違いなしです。

知識が少なくても問題ない

数字を扱う場合、簿記の知識がないと難しいですがクラウド型の会計ソフトならしっかりした知識がなくても扱うことができます。資格を取って間もない時や現場未経験の人でも扱えると企業からも選ばれています。

皆が重視したソフトの条件

no.1

サポートが付いている

会計ソフトを選ぶ上で気を付けていることはサポート体制の有無です。24時間いつもでメールや電話でソフトの不具合や使い方の質問ができるとトラブルが起きた時も安心です。

no.2

税理士からのアドバイス

人手が足りない今、簿記の知識が薄くても人材を欲しがる会社もあるので税理士と連携しているかに注目するようです。税理士がバックにいると、会計の仕事が初めてでも心強いでしょう。

no.3

他の業務に使える

会計ソフトの場合、それだけに特化しているイメージがありますがさらに進化した会計ソフトは、バックオフィスの業務をすべて行なうので小規模会社が大手に成長する過程をサポートしてくれると評判です。

no.4

修正内容が見れる

4位に浮上したのは仕訳会計の時に修正した内容をシステムに学習させる機能です。一度インプットした内容は、次回から取引データとして引き出し、入力のサポートを行ないます。

no.5

残高の確認

実際に残っている銀行口座の残高と受診したデータと一致するか仕訳上でチェックする時、帳簿残高と一致するか見なければなりません。この作業をスピーディーにこなすために検証機能付きの会計ソフトが選ばれています。

知識を深めよう

パソコンを操作する人

導入の流れ

会計ソフトにはクラウド型とインストール型の二つが存在します。その中で最も使いやすいのがクラウド型の会計ソフトなので、今から導入するならチェックしておきましょう。

READ MORE
男の人

導入後にやるべきこと

本格的にソフトを使うまで、それぞれステップを踏まなければなりません。どういった流れで会計ソフトが使えるようになるのか、気になったらクリックです。

READ MORE
男女

会計ソフトの上手な選び方

会計ソフトといっても実に様々なタイプがあるので迷ってしまいがちです。各企業が何を基準に選定しているのかが分かれば、沢山ある中からピッタリの会計ソフトが見つかるでしょう。

READ MORE
PCを操作する人

連結会計処理に向いているソフト

連結会計処理に対応した会計ソフトが登場し、より幅広い作業に対応できるようになりました。業務で活躍する機能がいくつかあるので紹介していきます。

READ MORE

皆の声が届きました

細かくカスタマイズができた

高機能性のものは大変使いやすく、弊社でも重宝しています。業務内容に合わせて細かくカスタマイズができるのは有難いですね。経理担当者の残業が減るので、定時への帰宅を促すことができました。

画面が見やすい

うちの会社は外部との連携が多いので、情報を簡単に引き出せる会計ソフトを中心に選びました。長所はやっぱり仕訳の入力が分かりやすいことかな。事前に登録されたリストから選べるので入力を自分でする手間が省けて嬉しいです。

お金の出入りが激しい時

とにかく経理の仕事は数字を一日中扱うので目がくらくら。当時会計ソフトを導入してなかったので計算が合わないわ、新人指導で時間が取られるわで大変でした。今の会計ソフトはほとんど自動でやってくれるので入力作業も新人さんができる程シンプルです。本当に導入してよかった。

サポートが受けられて助かった

入りたてのころ、経理で悩むことが多くバラバタしていました。この時から会計ソフトを使っていたので操作に慣れるまで時間がかかり、先輩の足を引っ張ることもあり心苦しかったのですが、操作方法や業務の悩みを相談できて今では一人で任せてもらえるまでに成長しました。

無料版から移行した

銀行口座の残高照会や仕訳内容の修正、他の業務と連携できる等をポイントに、使いやすい会計ソフトを絞り込んでいきました。そのおかげか、時間がかかっていた会計処理も短縮でき、全体の効率が良くなったと痛感しています。仕事上のミスが減ったのも大きな変化でした。

主な失敗事例

なんとなくで導入した

簡単に計算ができるといった理由で多くの企業が会計ソフトを導入していますが、「便利だから」という理由だけで導入すると現場で生かせずお蔵入りになります。

機能の多さで失敗

現場で使うなら機能の数が優れている会計ソフトを選びがちですが、簡単な会計処理の場合ほとんど使わないのでコストが無駄になってしまいます。

安さを理由に選んだ

コストがかからないからというだけでダメな会計シフトとは一概に言えませんが、会計処理をスムーズにこなせなかったり、仕事の足を引っ張ったりする等のトラブルが生じることもあります。

連携が取れていない

単体でも作業効率を上げることはできますが、他に使いたいシステムを連携させることがより効果を発揮しますが、連携できないものだと業務に差支えがあるので使わなくなることがほとんどです。

経営者目線で選定した

個人事業者なら自分目線で選んでも問題ないですが、経理担当が使う場合、会計ソフトによって使いづらいと感じることもあります。経営者目線ではなく、使う人を考えて選べば失敗しないでしょう。

【PR】
会計ソフトを活用しよう!
会社を強くしてくれる手助けソフト

戦略人事の決定に専用システムを利用しよう
売り上げをアップさせよう☆

スマホで使えるチャットアプリ!
手軽に情報共有ができちゃう♪

会議室予約システムを会社で使おう
共有設備の手軽に管理☆

勤怠管理は専門ソフトを利用しよう
人気製品を厳選紹介!

広告募集中